山の田小学校ホームページをご覧いただきありがとうございます。
引き続き本校教育活動への、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 
新着情報
 
お知らせ
山の田小学校からのお知らせです。
12345
2019/01/17new

4年生 書き初め

| by 山の田小HP管理者
 1月10日木曜日、3学期最初の書写の時間として、日本の伝統文化の一つ「書き初め」に、4年生全体で取り組みました。冬休み中に考えていた、今年一年の抱負や意気込みを表す四字熟語を、条幅紙に丁寧に書きました。体育館で正座をし、いつもとは違う緊張感を味わうことができました。掲げた抱負を力に、子どもたちの一年がよい年になることを願っています。

07:00
2019/01/16new

第五学年の描夢   ◆5年生 1月11日(金)◆

| by 山の田小HP管理者

 1月8日(火)から3学期が始まりました。冬休みの間、寂しかった教室が、児童の登校とともに活気づきました。
 学活の時間には、新年のちかいを兼ねて3学期のめあてを一人ひとりが思いを込めて書きました。「山の田小ABC」を意識したものや、「なわとびを限界まで跳び続ける」、「持久走の結果に納得がいかないので、努力を積み重ねる」、「立ち止まって元気のよい挨拶を笑顔でする」、「苦手な学習を克服する」など、しっかりと自分を見つめ、目標を設定しているものもありました。新しい年を迎え、年男、年女の学年の夢が最上学年に向けて広がっています。

 9日(水)は、身体測定をしました。4月、9月と比べて、体も心も一回り大きくなりました。3学期初めての給食も残食なし! おいしくいただきました。

 11日(金)の1校時には、5年生全員が一堂に会し、書き初めに取り組みました。体育館の床に習字道具を広げ、名曲「春の海」が流れる中、条幅紙にのびのびと書いていました。準備から片付けまで素早くでき、時間以内に終わらせることができました。



 3学期の第1週目、よいスタートが切れました。


07:00
2019/01/11

3学期が始まりました

| by 山の田小HP管理者
1月8日(火)の始業式の後、大掃除がありました。冬休みが終わり、本格的に学習が始まる前に、黙って時間いっぱい掃除に取り組み、学校をきれいにしました。


大掃除の後、学級活動を2時間行いました。学級活動の時間には、提出物を出したり、3学期のめあてを書いたりしました。

教室内は児童の活気であふれていました。3学期の学校生活が始まりました。
07:00
2019/01/10

3学期始業式 1月8日(火)

| by 山の田小HP管理者
冬休みが明け、児童は元気に登校してきました。
始業式では、校長先生から「笑う門には福来たる。だれもが笑顔でいられるように、人が喜ぶことをしていきましょう。」という話がありました。2学期の終業式で話があったように、去年の漢字「災」から今年は「笑」になるといいなと思います。

続いて2・4・6年生の代表児童が「新年のちかい」を発表しました。「九九をがんばりたい。8のだんをすらすら言えるように練習したい。」「なわとびが跳べるようになったので、なわとび集会に向けて練習を続けていきたい。二分の一成人式が楽しみ。」「勉強を頑張りたい。なわとびでいろいろな跳び方に挑戦したい。山の田小ABCのB(ビューティフル)とC(カバー)に気をつけて生活したい。」という内容でした。

最後に、生徒指導の先生から、「2学期の終業式で横断歩道の渡り方を6年生がお手本を示してくれ、それを下級生が実践してくれている。気持ちがいいあいさつもできている。」「履き物を友達の分までそろえてくれる人がいる。日頃の小さなことからきっちりとしていきましょう。」「寒さに負けず、元気な山の田小の児童でいてください。」と話がありました。

それぞれの目標に向かって、自分のよさが一層輝くように一人ひとりがしっかりと努力して、よい学年の締めくくりをしてほしいと願っています。
07:00
2019/01/04

2019年1月4日(金) 新年 明けましておめでとうございます

| by 山の田小HP管理者

平成から新しい時代に変わる2019年が始まりました。学校も、本日から新学期の準備を開始しています。3学期の始業式は、1月8日(火)です。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
玄関 鏡餅


さて、昨年末、子どもたちの安全意識を高めるため、校地内の4カ所に白線や横断歩道を設置しました。生徒指導主任と体育主任が半日かけてペンキを塗りました。白線や横断歩道では、左右の安全を確認するよう指導していきます。日常生活でも安心して生活できるよう、身の回りに注意を払えるよう、危険予知能力を高めていってほしいものです。
白線1 白線2


白線3 横断歩道
15:30
2018/12/27

2学期終業式

| by 山の田小HP管理者
12月21日(金)に終業式を行いました。終業式では、校長先生から「今年の漢字は災でした。3学期笑顔で会えるように冬休みを過ごしてください。」という話がありました。

その後、1・3・5年生の代表児童が2学期をふり返って、「字をきれいに書くことを頑張った。きれいに書けるようになったらみんなにほめられて嬉しかった。」「保健の学習で手洗いの大切さを学んだ。冬休みも音楽のエーデルワイスの練習を続けたい。理科の電気の回路を作る練習をして、できるようになった。」「持久走の練習をたくさんしてベストを尽くせて嬉しかった。宿泊学習で協力することを学び、少し成長できた。自学を続けていきたい。」と作文発表をしました。
最後に、生徒指導主任の先生から、冬休みの生活について話がありました。車が待ってくれているときの横断歩道の渡り方について、6年生の代表児童がステージでよい渡り方の例を示してくれました。その他、「お金を持ち歩かないこと」や「校区外へ遊びに行くときは大人と一緒に」という話がありました。

児童は、終業式、2時間の学級活動の後、大掃除をして2学期を締めくくり、これから始まる冬休みを楽しみにしながら笑顔で下校していきました。

クリスマス、大晦日、お正月等、行事の多い冬休みです。生活のリズムを守り、学習や手伝いなどをしっかりとして、有意義な一日一日を過ごしてほしいものです。
07:00
2018/12/26

2学期最後の給食

| by 山の田小HP管理者
12月20日(木)は2学期最後の給食でした。献立は、パンプキンカレー、麦ご飯、ビーンズサラダ、牛乳でした。児童は2学期最後の給食を時間内に残さず食べようと、しっかり味わっていただいていました。後片付けの時間には、2学期も安全でおいしい給食を作っていただいたことへの感謝の気持ちをこめて、調理員さんにあいさつをしました。

07:00
2018/12/21

勇気ある戦い   ◆5年生 12月17日(月)◆

| by 山の田小HP管理者
 体育科で跳び箱運動の学習を進めてきました。開脚跳びから始まって、かかえ込み跳び、台上前転、首はね跳び、頭はね跳びがどのようにしたらできるかを、話し合ったり、副読本を見たりしながら、同じグループの友達と協力して課題に取り組んできました。

 「最初はかかえ込み跳びをするのが怖かったけれど、低い段数でできたので、4段でもできてよかったです。」「開脚跳びやかかえこみ跳びが上手にできたので、とてもうれしいです。足をきれいに伸ばすことや、膝を曲げるところはきちんと曲げることができたのでよかったです。」


 「最初はとび箱から落ちたけど、手の付き方を変えたら落ちずにきれいに回れたのでよかったです。」「はじめは怖かったけれど、一回やってみると怖くなくなったので、首はねとびにもチャレンジしたい。」
 友達に励まされながら、友達の支えを信じ、今回、初めてかかえこみ跳びや台上前転、首はね跳び、頭はね跳びができた児童がいました。これまで、かかえ込み跳びや台上前転ができなかった児童、初めて首はね跳びや頭はね跳びができた児童にとって、かなりの「勇気ある戦い」だったようです。


 「12月5日に、かかえ込み跳びをしました。はじめは少し怖くてできませんでした。でも、同じグループの人が一人できたので、その人をお手本にしました。自分でコツをつかめたのでよかったです。次に、台上前転をしました。私は台上前転がとても嫌いで怖かったので、なかなかできませんでした。今日は、なんと4段までできました。」
 これまでできなかった技に、恐怖心と戦い、友達と支え合いながら、勇気をもってチャレンジし、技ができたときの達成感を得たことは、何ものにも代えがたい経験になったようです。一度できると、どんどん自信をもって次の課題へ取り組んでいきました。跳び箱に対する恐怖心にも友達への信頼の戦いにも打ち勝つことができました。
07:00
2018/12/20

おやじの会餅つき大作戦!   ◆12月16日(日)◆

| by 山の田小HP管理者
 12月16日(日)に山の田小学校おやじの会の主催で、春に植えて収穫した餅米で「山の田小学校お餅つき」をしました。少し雨粒が落ちてくるあいにくの天候でしたが、約100名が集まりました。

 和やかな雰囲気の中、児童は交代でお餅をつき、餅米が見る見る間に艶やかなお餅に変身していきました。

 つき終えたお餅を手のひらに載せて丹念にこね、たくさんのお餅ができました。

 できたお餅は、醤油やきな粉で味付けをしたり、あんこ餅やお雑煮にしたりして、いただきました。つきたてのお餅がとてもおいしくて、児童からは満面の笑顔が見られました。今年のお餅つきも大変盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。
07:00
2018/12/19

実習生はふたたび   ◆5年生 12月13日(木)◆

| by 山の田小HP管理者
 1学期に5年3組で教育実習を行った実習生がふたたび来校しました。児童は、久しぶりの実習生の来校に朝から笑顔。1校時に、実習生とAFPY(アフピー:他者とのかかわり合う活動を通して、個人の成長を図り、豊かな人間関係を築くための考え方と行動の在り方を学び合う、山口県独自の体験学習法)の活動を行いました。2人組、4・5人組をつくって課題に取り組み、活動を通して様々な気づきが出てきました。
○タイミングがとても難しくてすぐにできませんでした。友達がやり方を教えてくれたので、できるようになりました。
○どうしたらできるのかを、グループで考えることができたのでよかったです。
○かけ声をかけながらしました。これからみんなで何かをするときには、かけ声をかけたいです。
○友達と協力して挑戦したり、話し合ったりする大切さを学ぶことができました。


 宿泊学習でのTAP(徳地アドベンチャープログラム)や今回のAFPYなど、今後も豊かな人間関係を築くための体験活動を継続して行い、より一層充実した学校生活を送れるように児童の成長を支援していきたいと思います。
07:00
12345