学校教育目標 やさしい心 がんばる力  
 下関市立 王喜小学校   

    
 学校チャレンジ目標
  あいさつに 心をのせてとどけよう 輝く笑顔 つながる木屋川っ子
 住所:山口県下関市王喜本町2-12-30
 〒750-1114  TEL 083-282-0332 FAX 083-282-1940
 eメール・ホームページアドレス
  ouki-shou@edu.city.shimonoseki.yamaguchi.jp

 

お知らせ

校 章


桜の校舎


児童数男子95名女子94名     
計189名
(平成30年7月21日現在)
学級数 11学級  (通常7 特支4)
職員数 24名(特支支援員含む)
 

お知らせ

◇30年度購買部価格表

  平成30年度購買部販売価格一覧表.pdf
 

カウンタ

COUNTER339665
 ご訪問ありがとうございます

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
登録ユーザー3人

新着情報

 

お知らせ

最新の情報です
12345
2019/01/18new

参観日

| by 王喜小学校
 昨日は、3学期第1回目の参観日でした。
 1年生は、国語の「ドキドキするさくぶんをかこう」という学習でした。

 

 

 2年生は、算数の「4✖12の答えの見つけ方を考えよう」という学習でした。

 

 

 3年生は、総合的な学習の「コンピューターに入力してへんかんしよう」という学習でした。

 

 

 4年生は、国語の「きょうみをもったところを中心にしょうかいしよう」という学習でした。

 

 

 5年生は、算数の「百分率を使った割合の表し方を考えよう」という学習でした。

 

 

 6年生は、1組が家庭科の「ポケットの口とわきをていねいにしつけぬいしよう」という学習で、2組が社会の「国会、内閣、裁判所のはたらきを調べよう」という学習でした。

 

 

 
07:15
2019/01/16new

プログラミング教育

| by 王喜小学校
 放課後、下関工科高等学校の先生2名と8名の生徒が本校に来て、プログラミング教育についての研修会を行ってくださいました。それぞれのグループに生徒さんたちがついて教えてくれたのですが、気持ちのよい素晴らしい生徒さんばかりで、感心しました。
 さて、本日の研修ですが、パソコン上でプログラムを作成し、それをロボットにダウンロードしてロボット上でプログラムを実行するというものでした。どうすれば、出された課題の通りにロボットを操作することが出来るのか、教わったことをもとにいろいろ考えて実行するのですが、なかなかうまくいきません。だからこそ、よけいに「次こそ成功させるぞ」と考えます。〇〇を~にして、△△を~にするとうまくいくのでは・・・と考えていると、プログラミング的思考は論理的思考であると言われているということを実感しました。
 プログラミング教育は、新学習指導要領で実施されます。その時、子どもたちの学びがしっかり深まるように、我々教師も日々学んでいます。

 

 

 

 

 
19:01
2019/01/16new

長縄の練習

| by 王喜小学校
 来週23日(木)の9時55分から、運営委員会主催の長縄大会が開催されます。各クラス練習を始めているのですが、中には、2学期から始めているクラスもあります。今日の昼休みは、2年生と4年生と5年生が練習をしていました。

 

 

 

 

 

 

 
18:28
2019/01/15new

本のお楽しみ袋

| by 王喜小学校
 金曜日に、図書室で『本のお楽しみ袋』の貸し出しが始まりました。
 お楽しみ袋の中には、本をひらく会の皆さんが学年ごとに選んでくださった本が1冊入っています。袋も本のカバーを使った手作りです。どの袋に何の本が入っているかは、開けてからのお楽しみです。
 朝休みには、すでに20人以上の大行列!!お楽しみ袋を受け取ると、みんなワクワクしながら本を取り出していました。
 この機会に、普段手に取ったことのない本のページを開き、読書の幅を広げてほしいと思います。

 

 


16:31
2019/01/11

薬物乱用防止教室

| by 王喜小学校
 薬剤師の楫先生をお招きして、6年生を対象に『薬物乱用防止教室』を開いていただきました。
 薬物乱用とは、「医薬品を病気などの治療目的以外に使うこと」「医薬品ではない薬物をいたずらに使うこと」であることを確認した後、子どもがアルコールを飲むと、脳細胞を壊してしまい、脳の老化を進めてしまうことやたばこの煙が、心臓や血管の病気になりやすくしたり、がんを発生したりすることを教えていただきました。また、実際の有害物質やたばこを吸った人の肺の映像を見せていただきました。そして、薬物を使った人の書いた絵やシンナーが発泡スチロールを溶かす様子を見せていただき、薬物乱用は犯罪で有り、薬物が心も身体も壊すことを教えていただきました。
 映像や実物、実際の実験を見せていただくことで、子どもたちは、薬物の恐ろしさがよくわかった思います。後は、断る勇気と強さをもってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 
16:25
12345