学校情報

下関市立熊野小学校
   児童数 796人 (令和元年)
  今年度開校30周年!
山口県下関市熊野西町10-1
TEl  083-254-2901
FAX 083-254-2902
 

67万人達成!毎月2万人訪問!

訪問者数690586人目です

☆今見ている方!

オンラインユーザー9人

お知らせ

川中中学校区の「熟議」がありました。
 8月1日(水)川中公民館を会場として、約100名の川中中・熊野小・川中小の学校運営協議会委員の方、地域の方、保護者、教職員、川中中の生徒が参加しました。
会場は、100名の川中中・熊野小・川中小の学校運営協議会委員の方、地域の方、保護者、教職員、川中中の生徒でいっぱいです。
 今回の熟議のテーマは『学びのすきなまち(川中校区)をめざして~学校・家庭・地域でできること~』で、進行役(ファシリテーター)は川中中の先生でした。
 8名程度のグループに分かれて、最初にそれぞれの思いや願いを付箋に書いて発表しました。中学生も積極的に発言し、保護者や地域の方、教職員がじっくり対話することができました。それぞれの思いや願いを伝え、それらをどのように考え、実現していくのか・・・その第一歩が「熟議」です。
 グループ発表では、「親が子をほめる」「子は積極的にチャレンジする」「地域につながる」「世代をこえて話をすることが大事」「夜間中学を発展させる」「ボランティア活動を盛んにする」「中学生が小学生に勉強を教える場づくり」など、具体的な取組につながる意見がたくさん出されました。
 たくさんのご参加ありがとうございました。ここからが新たなスタートです!





中学生が会場の準備や片付けを進んでしていました。ありがとうございます。
 

令和元年7月9日(火)

第1回川中中学校区合同学校運営協議会が川中中学校でありました。
 この協議会は、学期に1回(年3回)川中中学校で、川中中学校、川中小学校、
熊野小学校の各学校運営協議会の代表が集まって行われます。
 それぞれのコミュニティ・スクールの取組の情報交換を行ったり、協働での
取組について協議します。
 今回は、8月1日に行われる「熟議」について協議しました。「学びがすきなまちを
めざして」に向けて、じっくり熟議して具体的な実践を考えよううということになりました。
 ただ今、地区や各学校で熟議の参加者を募っています。たくさんのご参加を
お待ちしています。

 

令和元年5月15日(水)

第1回学校運営協議会がありました。
5名の委員の入れ替わりがあり、今年度が始まりました。
 最初に委員の委嘱・任命がありました。
 学校運営やコミスクについての報告がありました。その後学校の課題について
2つにグループに分かれて、現状と対応について協議しました。委員の方から
様々な視点でのご意見をいただきました。今後これらを参考にしながら改善に
向けて進めていきたいと思います。



 

平成30年11月29日(木)

第2回学校運営協議会がありました。
 今回は昼の開催で、持久走大会の日だったので、持久走や4校時の学習の様子を見ていただきました。子ども達のがんばっているようすをたくさん見ていただきました。そして給食を試食していただき、「野菜がいっぱいでおいしい!」という感想をいただきました。
 協議では、学校評価や学力調査、生徒指導上の課題など、学校の詳しい現状と課題を伝えて、たくさんのご意見やご感想をいただきました。今後の学校経営に生かしていきたいと思います。
 

平成30年7月10日(火)

 第1回川中中学校区合同学校運営協議会がありました。
 この協議会は、学期に1回(年3回)川中中学校で、川中中学校、川中小学校、
熊野小学校の各学校運営協議会の代表が集まって行われます。
 それぞれのコミュニティ・スクールの取組の情報交換を行ったり、協働での
取組について協議します。
 今回は、8月3日に行われる「熟議」について協議しました。「学びがすきなまちを
めざして」と「あいさつ日本一」に向けて、じっくり熟議して具体的な実践を考えよう、
一体感と連帯感を高める熟議にしていこうということになりました。
 ただ今、地区や各学校で熟議の参加者を募っています。たくさんのご参加を
お待ちしています。

 

お知らせ

第1回学校運営協議会がありました。
 10日(木)18:30から今年度最初の学校運営協議会がありました。年間3回(学期毎)行い、夏休みに3校合同の熟議を行います。
 この協議会は、地域と保護者、学校が子どもたちのために、さらなる改善に向けてじっくり協議する場です。第1回目は委員の委嘱、任命を行いました。
 今回の協議内容は、今年度の学校運営にについて、生徒指導上の課題、コミュニティ・スクールの「次の一手」について協議しました。各委員さんから、いつもながら忌憚のないご意見をいただきました。これからの活動に生かしていきたいと考えています。
 後半の熟議では、「あいさつ日本一」(川中中学校区の取組)を振り返りながら、子ども達のあいさつが活性化するかを話し合いました。学校でも「あいさつ強化週間」を取り組んでいることから、これらの取組を学校ホームページで情報発信しながら、しっかりを校外にも発展させ、あいさつを大人がしっかりと褒めてやることで、意識を高め習慣化できるようにして働きかけていこうということになりました。
 また、「地域行事の活性化」では、 「熊野地区3大イベント」である地域のすばらしい行事を盛り上げるために、子ども達の参加を増やしていこう、そのためにどんな「次の一手」があるかを考えました。チラシを作製して、小学生に配付し参加の呼びかけをしたり、子どもが楽しめる出店やイベントを考えたりするなど、できることから進めていこうということになりました。

 

お知らせ

第2回学校運営協議会がありました。この協議会は、地域と保護者、学校が子どもたちのために、さらなる改善に向けてじっくり協議する場です。
 今回の協議内容は、学校評価、学力評価、いじめ・不登校、引き渡し訓練、コミスクの取組で、後半は情報交換も行いました。
 それぞれ学校の説明があり、委員の方から感想や改善の意見をいただきました。それぞれに課題があります。各立場から、たくさんの意見や提案がありました。それらの中で、いじめや不登校、地域と子どもたちのかかわりなどの課題ついては、次回にもっと意見を出し合い、次の一手を考えていくことになりました。