学校情報

下関市立熊野小学校
   児童数 796人 (令和元年)
  今年度開校30周年!
山口県下関市熊野西町10-1
TEl  083-254-2901
FAX 083-254-2902
 

67万人達成!毎月2万人訪問!

訪問者数690584人目です

☆今見ている方!

オンラインユーザー9人

平成30年11月9日(金)

コミスクの視察訪問がありました。
北海道北斗市の小学校、中学校の校長先生2名が熊野小学校を訪問
されました。コミスクの取組について視察に来られました。
熊野小学校の特色ある取組やくまの応援隊、地域行事、大人の学び場など
について紹介しました。
 

平成30年8月3日(金)

川中中学校区(熊野小・川中小・川中中)の「熟議」が、午後5時から川中公民館で
開かれました。
 教職員・保護者・地域の方々が「熟議」・・・しっかりじっくり本音で話し合
う・・・を通して「学びが好きなまち(川中校区)をめざして」をテーマに意見を交わ
し合いました。
 今回の参加者は約70人、8つのグループに分かれて熟議が始まりました。今回も中
学生が参加して中学生の立場での貴重な意見を提供しました。
 最初に、川中中学校の校長先生から「スマホの使用時間、睡眠時間・家庭学習時間
と学力の関係」について話がありました。
 熟議では、一人ひとりが付箋に思いついたことを書いていき、それをもとにグループ
で意見交換しました。立場が違うメンバーの意見は、それぞれの振り返りの参考に
りました。
  最後の全体発表では、中学生がグループでまとめた意見を上手にわかりやすくまとめ
て発表しました。「学校では、何のために学ぶのか考えたい」「地域の方とふれあ
い、たくさんの経験を教わりたい」「スマホの使い方のルールを家庭で決めて、読書
や会話や学習の時間を増やしたい」「生徒会や委員会で、スマホについて話し合いた
い」など、改善に向けて「次の一手」につながる貴重な意見がたくさん出されました。
 さっそく2学期にスマホの実態調査を行い、PTAや学校で対応について動き出すこ
とにしています。
  また、会場の準備や片付けなど中学生が積極的に行いました。これからも地域を担
う中学生としての活躍を期待しています。

 

平成30年7月10日(火)

「折り紙教室」がありました!
 昼休みに図書室で、民生委員さん、PTAOB、読み聞かせの会の
方9名が来校されて折り紙を教えていただきました。ありがとうございました。
 図書室は満員状態で、子ども達が笑顔いっぱいで折り紙に取り組んでいました。
今日は8種類の折り紙200枚をおりました。
 今後も定期的に「折り紙教室」を開催する予定です。お楽しみに!




 

お知らせ

クラブ活動 外部講師の方が来校!
 19日(火)にクラブ活動がありました。
 毎年、将棋クラブと平家太鼓クラブに、地域の方が
外部講師として来校され、指導をされています。
 将棋クラブは、とても人気があって、地域の有段者の
方からわかりやすく丁寧に指導を受けています。
 平家太鼓クラブは、下関の伝統芸能で、地域の専門の
方から指導を受けています。11月のPTAバザーの時に
発表します。


 

お知らせ

読み聞かせ「てんとう虫の会」の活動がありました。
   今年度初めての読み聞かせがありました。
  今日は2年生全クラスで、「めっきら もっきら どうんどん」と
「おこだでませんように」の2冊を読んで頂きました。
とてもおもしろくて子供たちはじっくり見聞きしていました。
  今後も定期的に各学年で読み聞かせがあります。お楽しみに!

 

お知らせ

第3回学校運営協議会がありました。
 3月8日(木)18:30から校長室で開催されました。
 協議内容は、学校評価、コミスクの振り返り、来年度の学校運営案、
来年度の学校運営協議会委員などについて協議や承認を行いました。
 後半は「いじめと不登校への対応」、「地域で子どもを育てるために」を
テーマにして熟議を行いました。
 今後も課題を継続して協議し、次の一手を地域に広げていくことを
確認しました。

 

フォトアルバム

感謝の集い

2月9日(金)学校支援ボランティアの方への感謝の集いです。を開きます。
23枚
2月9日(金)学校支援ボランティアの方への感謝の集いです。

登録者:初期管理者 | 2018/02/09(6票)

お知らせ

民生・児童委員さんの学校訪問がありました。
 熊野地区の民生・児童委員さん6名が来校され、授業参観と情報交換が行われました。
 授業参観では、全学年を参観され、子どもたちのがんばっている姿を見ていただきました。4年生の2部合唱も聴かれほめていただきました。給食では、1、2、3年生の学級で子どもたちと楽しく会食されました。
 これからも民生・児童委員さんと学校の情報交換をきめ細かに行い、子どもたちの支援に役立てていきたいと考えています。来年度は7月と12月に行う予定です。









 

お知らせ

盲導犬のお話がありました。
 3年生の道徳の学習で「盲導犬のお話」がありました。
地域にお住まいの髙松さんが来校されてお話ししていただきました。
盲導犬の名前は「ジーナ」で、ゴールンレトリバーの10歳のめす犬です。盲導犬の訓練や仕事、家での様子などをわかりやすく教えていただきました。実際の歩行介助の様子などを見せていただきました。
 指示は英語、絶対にほえない、一度習ったことは絶対に忘れない、えさ以外は口にしないなどを知ることができました。町で盲導犬に出会った時は、盲導犬は仕事中なので声をかけたりさわったりせず、そっと見守ってほしいと言われました。
 盲導犬は下関市内に4頭いるそうです。福祉を考えるきっかけになったことと思います。




 

お知らせ

ミシン学習の支援をしていただきました。
 5年生の家庭科で、5年生が初めてミシンを使います。
 最初はミシンに糸を通すことから始めます。糸の通り道を通すことも難しいですが、担任と4人の支援の方と一緒に、楽しく学習を進めることができました。
 これから5年生各クラス2回の4クラス分、8回の支援をお願いしています。よろしくお願いします。



 

お知らせ

韓国釜山広域市の教育関係者の学校視察がありました。
 1月17日(水)午前、釜山から21名の方が来校され、学校施設や授業の様子、コミュニティ・スクールの取組について視察されました。
 4日間の日程で、山口県教育庁、防府市の中学校、下関市教育委員会を訪問されて、本校に来られました。韓国でもコミュニティ・スクールの取組が始まるとのことで、日本の取組について視察でした。
 コミュニティ・スクールの説明をじっくり熱心に聞かれ、たくさん質問をされました。その後、合唱クラブの歌を聴かれ、とても感動されていました。授業参観では、地域の方や保護者の学習支援(読み聞かせ、フラワーアレンジメント、ミシン学習を、学校環境支援では図書ボランティアの活動を見ていただきました。
 代表の方が「子どもたちがあいさつがよくできていて元気がいいですね。」と言われていました。
 また、本校の取組ついてもたくさんのご意見やご感想をいただいたので、今後の推進に生かしていこうと思います。






 

お知らせ

「コミスク通り」ができました!
 玄関を入って左側、事務室と校長室前のろう下に、コミュニティ・スクールの活動を紹介する掲示コーナー(通り)を作りました。
 学校や子どもたちのために、たくさんの地域の方や保護者が支援にかかわっていただいています。それらの活動の様子を、しっかり「見える化」するために活動の写真を掲示し、「やりがい」につなげていこうと考えています。
 これからも地域と学校、地域の方と子どもたちの「つながり」を大切にしながら、コミスクの活動の様子を写真掲示やこのホームページで紹介していきます。