木屋川中マスコット
 「コヤガワニポン」
 
本校教育目標
「自分・木屋川中・ふるさとに誇りが持てる生徒の育成」に向けて

関市立 木屋川中学校
                 koyagawa junior high school
                   
      〒750-1113  下関市木屋川南町2-660
               Tel:083-282-0354  Fax:083-282-0520
 

おしらせ

◆5月27日(月)14:00より本校体育館にて音楽鑑賞会「二十一弦古箏コンサート」が行われます。保護者・地域の方も是非美しい音色を楽しみませんか。(5.17更新)
詳細リーフレットは右をクリックしてください。5.27古箏コンサートパンフ.pdf
◆「行事予定」の6月号を加筆・修正しました。(5.17更新)
◆「各種たより」に木屋川中だより5月号をアップしました。(5.17更新)
◆「トップページ」の一般記事を2件アップしました。(5.16更新)

 

  平成30年度学校チャレンジ目標 
 あいさつに 心をのせて とどけよう! 輝く笑顔 つながる木屋川っ子
 
 

一般記事

記事
12345
2019/05/16new

さわやかな朝のスタートです。

| by 管理者

5月16日(木)の朝の様子です。1・2年生は朝読書、3年生は進路実現に向けての朝学習を行っています。

廊下も、整理整頓されていて本当にさわやかな1日を過ごすためのよいスタートが切れています。


17:42
2019/05/15new

水曜日1校時は道徳の授業です。

| by 管理者

5月15日(水)1校時、本校は全学年道徳の授業を行う時間です。学級担任のみならず、学年部に所属する教員を中心に授業を実施しています。教科書の資料を用い、ペアやグループでの話し合いを通して、自分の考えを深めたり、友だちとの意見から新しい考えに気づいたりしています。


○1年1組:資料「さかなの涙」からいじめについて考えました。(写真左) 
○1年2組:資料「言葉のもつ不思議な力」から人の行動から学ぶことの大切さに気づきました。。(写真左2番目)
○2年:資料「美しい鳥取砂丘」からルールやマナーの意義について考えました。。(写真左3番目)  
○3年:資料「銀メダルから得たもの」からオリンピックでの敗戦を通して、吉田選手が新たに学んだことについて考えました。。(写真右)


17:32
2019/04/27

多くの保護者が来校されました!

| by 管理者
4月27日(土)、午後より参観授業、学級(年)懇談会、PTA総会、部活動懇談会が行われました。
午後からの参観授業は、各担任が行う授業でした。今年度は持ち上がりがなく、全ての学級担任が新しい顔ぶれとなったこともあり、保護者の関心も高かったのではないでしょうか。
   
1年1組は、理科室でアスパラの茎の断面を観察を各グループで行っていました。観察しスケッチも的確に書けている生徒も多かったです。
1年2組は、教師がいくつかの「接続詞カード」をもち、それにつなげて自己紹介を広げていくという授業でした。生徒は悪戦苦闘しながらも、自己紹介がうまくまとまるよう、がんばっていました。
   
2年生は、社会科の授業で「寛政の改革」について学習しました。当時苦しんだ政府の取った対策について自分なりの意見をもつ時間がじっくりと取られていました。
3年生は、5月に修学旅行で行く京都の名所や食べ物について調べたことを英語で紹介しました。ユニークな話もあり、とても盛り上がっていました。修学旅行がますます楽しみになったのではないでしょうか。

保護者の方々、その後の学年懇談会、PTA総会、部活動懇談会にも多くのご参加をいただき、誠にありがとうございました。今後とも、木屋川中学校をどうぞよろしくお願いいたします。
16:56
2019/04/24

「道徳科」の授業が始まりました。

| by 管理者

毎週水曜日の1校時が基本的に本校の「道徳科」の時間です。今年度より、原則として教科書を使っての授業となります。

教材を通して、道徳的な価値の理解を元に、友だちと意見を交わし合ったり、これまでの自分の生き方を振り返ったりしながら、人間としてのよりよい生き方についての考えを深める時間です。

本校も、学級担任を中心に全教員で研修を進めながら、授業づくりに努めています。今日で3回目の授業だったので、教師にもいくらか余裕が出てきたように見受けられました。保護者の方は、どのような授業だったのかについて、ご家庭でお話をされてみてはいかがでしょうか。

1年1組は、教材「疾走、自転車ライダー」を用い、『節度・節制』について考えました。

1年2組は、教材「愛情貯金を始めませんか」を用い、『礼儀』について考えました。


2年生は、教材「自分の弱さと戦え」を用い、『よりよく生きる喜び』について考えました。

3年生は、教材「言葉の向こうに」を用い、『相互理解・寛容』について考えました。


21:21
2019/04/12

「下関市いのちの日」の取組として

| by 管理者

本日、午後から「下関市いのちの日」講演会として、福原賢治さんを講師にお招きし、「あるボランティアに参加して」という演題で講演をいただきました。阪神・淡路大震災でのボランティアに参加した際の震災直後の惨状やそこで生き抜く人々の姿などを通して、「命の大切さ」や「学ぶことの大切さ」についてお話しいただきました。自分の命も人の命も全ての命が大切なものだということを共有できる素敵な時間でした。福原先生大変ありがとうございました。

◆ご講演いただいた福原先生       ◆代表生徒お礼の言葉        ◆振り返りの様子(2年生)


21:04
12345
本日のカウント238174