下関市立一の宮小学校 ホームページ          

〒751-0805 下関市一の宮住吉1丁目8番1号    ☎ 083-256-4055   
 
お知らせ
学校からのお知らせ >> 記事詳細

2022/01/14

専科教員の授業より

Tweet ThisSend to Facebook | by 初期管理者
 本校には、担任以外にも授業を受け持ったり、子供たちの指導をしたりする教員がいます。その先生方の授業を紹介します。
 まず、新採教員の指導をする初任研担当教員です。この日は、5年2組の算数科で、模範となる授業を行っていました。いつも新採教員に寄り添い、丁寧に指導してくれています。
 
 新採教員が決められた校外研修に出るときには、替わりの先生が来てくださいます。この日は、3年2組に入ってくださっていました。長年の担任経験があり、安心して子供たちを任せています。こちらは、養護教諭と一緒に身体測定をしていることころです。
 
 生徒指導主任は、専科教員として、5・6年の理科を受けもっています。この日は6年3組の授業でした。班ごとに、自分たちで学びを深めていくようなスタイルで実験に取り組ませていました。
 
 3年生の理科は、教務主任が受け持っています。実験や観察に上手に取り組ませ、:子供たち自身が発見できる授業スタイルなので、3年生の子供たちは、理科の授業を楽しみにしています。こちらも3年2組の授業です。
 
 4年生の理科は、教頭が担当しています。電子黒板やタブレットを上手に使い、実験や観察での学びと組み合わせていきながら、子供たち自身が問題を解決できる力を育てています。こちらは、4年2組での授業の様子です。
  
 こちらは、5年3組の算数科の授業です。専科教員が授業支援に入っています。この専科教員は、5年の家庭科、4年2組の社会科、5・6年の算数科、様々な学年の書写等、幅広く指導支援を行っています。授業では、タブレットの活用も工夫して行っています。
 
 担任だけでなく、チーム一の宮で、子供たちを育てています。
 5年3組では、ちょうど、子供たちのがんばりに対して、ご褒美のビー玉をゲットしていました。

10:21