下関市立本村小学校ホームページ


 
     

下関市立本村小学校 
〒750ー0074 下関市彦島本村町3-16-1             
                       TEL 083-266-3288     
       FAX 083-266-3289       
 
お知らせ・情報
学校からのお知らせや新着情報です。
12345
2022/01/24new

1月24日 スチレン版画に挑戦(2年生)

| by 初期管理者

 2年生は、今日の4・5時間目に図画工作科で「スチレン版画」に取り組みました。みんなとても楽しい下絵を描いていますが、それを丁寧に専用の道具でなぞったり、はさみで切ったりしていきます。できあがった版にローラーでしっかりとインクをつけていました。完成が楽しみです。
    

 


11:59
2022/01/24new

1月24日 3時間目の様子(3・4年生)

| by 初期管理者

 今日は久しぶりに明るい日差しが届き、中休みには外に出て元気に遊ぶ児童が多かったです。教室に戻る際には手洗いをして、気持ちを切り替えて3時間目の学習に取りかかります。

3年生の教室をのぞいてみると、国語科で「ありの行れつ」の学習をしていました。全員が静かに集中して担任の話を聞き、ノートを書いていました。すばらしい学習態度でした。
   

4年生は算数の授業でしたが、やはり落ち着いて学習に取り組んでいました。後ろの棚の上には、国語の授業で作った詩集が並べられていました。自分たちで選んだ詩を載せたオリジナル詩集はどれも力作でした。
     

 


11:34
2022/01/21new

1月21日 給食週間5日目

| by 初期管理者

 給食週間5日目。最終日は「郷土の味めぐり~愛知県~」です。

献立は、きしめん汁、みそカツ、ゆでキャベツ、かつおぶし、ごはん、牛乳です。

きしめんは、愛知県名古屋市の名産で、うどんより幅が広く、つるつるとしたのどごしのよい麺です。かつおぶしをかけて食べるのですが、汁の湯気でゆれるかつおぶしは「おどるかつおぶし」といわれ、きしめんにはなくてはならないものです。

 また、名古屋市でトンカツと言えば、みそだれをかけて食べるのがふつうです。ごはんに、ゆでキャベツとみそカツをのせてどんぶりにして食べると「どえりゃあ うみやぁ」とのことです。
 

子供たちの中にははじめてきしめんを食べるという人もいましたが、みんな「おいしい。」と言っていました。中にはかつおぶしをきしめん汁ではなく、ごはんにかけて食べている人もいました。(おかかごはんもおいしいですからね)。また、あまじょっぱいみそだれがかかったトンカツも大好評でした。
      


19:19
2022/01/20new

1月20日 給食週間4日目

| by 初期管理者

給食週間4日目はブラジル料理です。ブラジルのサントス市は下関市の「姉妹友好都市」です。昭和46年に姉妹都市になり、昨年10月に50周年を迎えました。このことにちなみ、今年はブラジル料理が登場したわけです。

 献立は、フェイジョアーダ(豆の煮込み)、トマトスープ、オレンジゼリー、ごはん、牛乳です。フェイジョアーダはブラジルの伝統的な料理で、家庭やレストランなどでも食べられています。30年前?頃の給食週間でも一度出たことがあるように記憶しています。保護者の皆さんの中に「食べたことがある。」という方もおられるかもしれませんね。
  

 さて、以前フェイジョアーダが給食に出た時は、まだ豆の煮込み料理になじみがなく、当時の子供たちは大苦戦した記憶があります。しかし、最近では栄養価の高いインゲン豆やひよこ豆、レンズ豆等が給食によく使われるようになり、子供たちは、豆の味や食感に慣れています。そうしたこともあってか、教室をまわってみると、「おいしい。」と言いながら、もりもり食べている子供たちがたくさんいました。令和の子供たちは食文化の多様化が進んでいるなあと感じました。(ちなみに今日のフェイジョアーダにはレッドキドニー豆と黒豆が入っています。)
     

 
17:42
2022/01/19new

1月19日 給食週間3日目

| by 初期管理者

給食週間3日目は「昭和の給食」です。献立は、パン、角バター、カレーシチュー、魚肉ソーセージ、みかん、牛乳です。

平成生まれ、令和育ちの子供たちにとっては、角バターや魚肉ソーセージは、めずらしい食べ物かもしれません。(昭和育ちにとっては、とても懐かしいメニューです。これに先割れスプーンがついていれば完璧でした。)5・6年生に感想を聞いてみると、「とてもおいしい。」と好評でした。
       


17:18
12345