下関市立粟野小学校
〒759-5101 山口県下関市豊北町大字粟野3349
TEL/FAX 083-785-0038
 

カウンタ

COUNTER966088
いつもありがとうございます。
新着情報
 RSS
お知らせ
おしらせ
12345
2019/01/11

年末、年始のできごと

| by 管理者
 粟野小の年末年始の様子を紹介します。
 たくさんありますが、どうぞおつきあいください。

 12月12日(水)わくわく教室と清掃ボランティア活動を行いました。この日は、1,2年生はかるた、3~5年生は百人一首をしました。地域の方とふれあいながら、笑顔いっぱいの活動になりました。
  

  

 12月12日(水)と1月10日(木)に地域の有志の方々に植木の剪定をしていただきました。何せ、大木に育った木々です。素人には難しい剪定ですが、そこは経験者。年齢を感じさせない身のこなしで、木にするすると登られると、すぱすぱと切っていかれました。おかげで、うっそうとしていた中庭や通路がこんなにすっきりしました。感謝、感謝です。
    

   

   

 12月18日(火)にクリスマスコンサートを開きました。音楽の授業で取り組んできた歌や合奏を発表しました。保護者さんや地域のみなさんも聴きに来てくださいました。子どもたちのすばらしい発表に、みなさんとても感心しておられました。 
   

   

 12月18日(火)の給食は、クリスマス給食でした。
 見てください、この笑顔!コンサートの後で楽しいこと続きです。みんなおいしくいただきました。調理してくださった調理員さん、本当においしい給食をいつもありがとうございます。
   

  

 12月20日(木)はしめ縄飾りづくりを行いました。この行事は、地域の方々に伝統の飾りを教えていただくもので、毎年この時期に教えていただいています。飾りは地域によって微妙に違います。ここ粟野の飾りもとても素敵な飾りです。
 また、この日のために背が高い稲を、収穫段階からしめ縄用に取っておいてくださり、青々としたきれいな藁を用意してくださいました。指導も含め、本当にありがとうございました。
   

    

 1月8日(火)に書き初めを行いました。この日に先立って、12月20日(木)に練習会を開きました。指導は、学校運営協議会の委員さんで、国語の先生です。
<練習会>
   

   
<本番>練習より上手になったかな?
  

   

 12月21日(金)は2学期最後の日。この日は給食の代わりに毎年蕎麦打ち体験をさせていただいています。
 JA下関豊北支所の皆さんや女性部の皆さんにお力添えいただき、7割蕎麦を打ちました。道具も全て地域の方が用意してくださいました。本当にありがたいことです。
  

    

    

   

  

 12月21日(金)ついに2学期の終業式です。
 1学期は、海の終業式を粟野の安崎田海岸で行いました。2学期は、子どもたちが毎週掃除をして地域の皆さんとの架け橋となっている「JR長門粟野駅」で行いました。
 コミュニティ・スクールのコーディネーターさんが声をかけてくださったので、駅舎に入りきらないほどのたくさんの方が駆けつけてくださいました。保護者さんや地域の皆さんに囲まれた中、子どもたちは二学期の振り返りを立派に発表しました。 
   

   

  

 1月8日(火)年が明けました。平成最後の年の始まりです。駅にはとてもきれいなお花を生けていただきました。学校では、始業式。子どもたちは今年の目標をしっかりと発表しました。よい年にしていきましょうね。
  

 おまけコーナー
 畑にサルが侵入しては、子どもたちが育てた野菜をとっていました。そこで、畑の上にネットをはり、入れないようにしていました。しかし、敵もサル者、すき間から一頭が入った形跡がありました。そこで、その隙間がないようにネットの端をくくりつけていきました。その後入った様子はありません。ここまでしないといけないんですね。
 ちなみに、シカは日常的に中に入って校地内のあらゆるところに糞をしていきます。そこで、糞害対策に、ネットをはることにしました。こちらはまだシカとの知恵比べの段階です。
                                  

15:49 | 行事等の紹介
2018/12/12

避難訓練を行いました

| by 管理者

 12月12日(水)に火災対応の避難訓練を行いました。
 この日は、下関市消防局豊北出張所の職員の方にお越しいただき、指導をいただきました。

 今日の火元は理科室です。火事を発見した教員が火災報知器を鳴らし、児童が職員室へ火事を知らせに来ます。
   
 放送の指示で、子どもたちも、教職員も迅速に避難対応をすることができました。
 その後、よい避難であったと講評をいただきました。
 ちなみに、避難時間は児童3分15秒、初期消火職員を入れて3分40秒でした。
  
 
   
 避難後の講習会で、消防局の方に教えていただきながら消火器の使い方を教えていただきました。消防局のみなさん、ありがとうございました。

17:28 | 行事等の紹介
2018/12/07

持久走大会 がんばりました

| by 管理者

 12月7日(金)に持久走大会を行いました。
 急に冷え込んできましたが、走るにはよい気温です。
 子どもたちは、入念に準備体操をして、気合いを入れていきます。
 
 そして開会行事。子どもたち一人ひとりがめあてをもって取り組むことを教えてくれました。
 
 走るコースは、学校の向かいにある田畑が広がる場所です。5年生は3㎞、3,4年生は2㎞、1,2年生は1㎞走ります。5年、3,4年、1,2年の順にスタートしていきます。最初は5年生。みんなの熱い応援が飛びます。
   
 さらに3,4年、1,2年と続きます。
  
 1,2年には、保護者さんとコミュニティ・スクールコーディネーターさんも走ってくださいました。
   

   
 
   
 みんな、全力を出してがんばりました。お父さん、コーディネーターさん、ありがとうございました。
   
 たくさんの保護者さん、地域の皆さんに見守られて全力を出し切った子どもたち。練習の成果も出たようです。
 応援ありがとうございました。              

15:36 | 行事等の紹介
2018/12/05

粟野っ子ふれあいフェスタ ありがとうございました

| by 管理者

 12月5日(水)に「粟野っ子ふれあいフェスタ」を開きました。たくさんの方にお越しいただき、とてもすばらしいフェスタになりました。
   
 この日の様子をKRY山口放送さんが取材に来てくださいました。 
  
 駅舎の中は超満員!外もこのとおりです。お集まりいただいたのは、保護者さん、地域の皆さん、学校運営協議会の皆さん、近くの会社の方、それに豊北・下関北高等学校総合文化部の皆さんなどなど……とても多くの方々です。
 最初に、1,2年生です。粟野の浦地区を探検して見つけたすばらしいところを発表しました。
   
 自分たちがみつけた素敵なところについて、問題を出しながら進めていきました。とても大きくはっきりした言葉で思いを伝え、聞いておられた地域の方がとてもほめてくださいました。
 参加してくださった、豊北・下関北高等学校の皆さんも、子どもたちの質問に笑顔で答えてくださり、とても素敵な時間が流れていきました。ちなみに最前列は本校卒業生の皆さんです。すばらしい先輩方、ありがとうございました。

 その次は「おもてなしタイム」です。
 今回は収穫したサツマイモを使ってたこ焼き状のカステラを作りました。それと菊芋茶です。この菊芋は、学校で育てたものと、地域の方がプレゼントしてくださったものを使いました。子どもたちが一生懸命作りましたが、その陰には、本校教職員と協力してくださった豊北中学校の栄養教諭さんの働きがあります。
   
 
   
 みなさん、おいしいと喜んでくださいました。1,2年はカップの入れ物を、3,4年はカステラを、5年は菊芋茶を、それぞれの役割でしっかりと準備できました。
 続いて3,4年生です。今回のプロジェクトは、地域の皆さんにもアンケートをとって、たくさんのすばらしいところを教えていただきました。どんなところに皆さんの思いが強いのかをデータを集計しました。そして、実際に行ったり、関係する方にインタビューしたりして地域を分析しながら分かったことを発表しました。特に驚いた発見は、来場された方に問題を出しながら分かりやすく発表しました。
   
 最後は、5年生の描いた絵の発表です。昨年まで行っていた「粟野っ子アートフェスタ」のように、自分の描いた絵について問題を出しながら進めていきました。
   
 自分で出かけ、見て、学んだこと、感じたことを絵に表したことをしっかりと表現していました。この絵の背景は蒙古襲来の様子を描いています。実は、粟野には蒙古軍と戦った伝説が残っています。(塚も残っています)その歴史の上に今の粟野の素晴らしさがあるというまとめでした。
 最後に、コーディネーターさんにご挨拶いただきました。
 
 粟野小を陰で支えてくださっている方です。いつも気にかけてくださり、駆けつけてくださいます。この日のために発電機など、たくさん準備をしてくださいました。
 最後に、恒例の野菜市です。子どもたちも野菜をがんばって育てていますが、生長が間に合わない野菜も多くありました。そこで、地域農家の方が、自分の畑でできた野菜をプレゼントしてくださいました。おかげで、今回も大変盛況に野菜市を開くことができました。
   
 ご参加くださった皆様方、本当にありがとうございました。豊北・下関北高等学校のみなさんも、また来てくださいね。
 

19:44 | 行事等の紹介
2018/11/29

粟野っ子ふれあいフェスタをします

| by 管理者

 12月5日(水)14時から、JR長門粟野駅で、
「第2回粟野っ子ふれあいフェスタ」を開催します。

 駅を舞台に取り組んでいるフェスタも、今回で第6回目をむかえます。昨年度までは、アートフェスタとして、子ども達が描いた絵を紹介する対話型のイベントとしてスタートしましたが、今年度から絵に限らず、様々な学習の発表をする場としてリニューアルしました。
 今回は、「粟野八景」がテーマとなります。子どもたちが地域に出かけ、自身で地域の素晴らしさを感じると共に、地域の方と語らい、その思いを感じながら学び、まとめたものを発表します。
 特に、豊北・下関北高等学校の生徒さんも駆けつけてくださいます。
 14時から始めますので、ぜひお越しください。

15:21 | 行事等の紹介
2018/11/21

学校だより第9号を掲載しました

| by 管理者

 11月21日(木)発行の学校だより 第9号を掲載しました。画面上のタブからご覧ください。
 地域の皆様は、自治会長さんが自治会の回覧板に入れてくださっていますので、そちらでもご覧いただけます。
 また、粟野公民館さん、だるま堂さん、粟野郵便局さん、JR長門粟野駅さんも、ご厚意で掲示させていただいています。よろしかったらそちらでもご覧ください。
 ご支援くださっている地域の皆様、ありがとうございます。          

16:22
2018/11/20

深まる秋

| by 管理者

 朝晩だけでなく、昼間もずいぶん冷え込むようになりました。校庭の木々も、赤や黄色の服に衣替えをしています。
   
 学校からの景色もこんなにきれいなのですから、他にもきれいなところがありそうですね。
 今、全校で行っている、ふるさとを教材とする学習「粟野八景」で、5年生が豊北峡に行きました。その一部をご覧ください。
  
 
  
 紅葉がとてもきれいです。水もとても澄んでいました。 
 
 12月5日(水)14時から、JR長門粟野駅にて、粟野っ子ふれあいフェスタを行います。粟野八景の発表を行いますので、皆さんぜひお越しください。          

15:30
2018/11/15

蕎麦の実落としをしました

| by 管理者

 11月15日(木)とても良いお天気です。
 10月15日(月)に刈り取った蕎麦は、天気が良い日に子どもたちが玄関先で干していたのでからからに乾いています。
 この日は、JA下関豊北町支所の職員の方と、女性部の皆さんがご指導に来てくださいました。
 
 ブルーシートの上に並べられた蕎麦。これを竹の棒でたたいて実を落とします。
   
 たたいていくと、だんだん実が落ちていきます。実を落とした茎を除いていくと、だんだん実が集まってきます。
 これをふるいにかけ、さらに余分なものを取り除いていきます。 
   
 こうしてたくさんの実を集めることができました。
 
 この実は、とうみで更に余分なものを取り除くそうです。そして、実をひいて粉にしてくださいます。この蕎麦粉を終業式の日に麺状にし、昼食として食べることにしています。子どもたちも楽しみにしています。
 ご指導くださった皆様、ありがとうございました。
 
 追加情報:実を落とした後の茎ですが、それを燃やして灰にするそうです。そして、その灰を、こんにゃくを作る際のあく抜きに使うそうです。知恵ですね。         

17:29 | ふるさと粟野
2018/11/15

学校運営協議会で熟議をしました。

| by 管理者

 11月13日(火)に、学校運営協議会を開きました。
 この日の協議会のテーマは、「これからのあわのわくわくコミュニティ」について考えていくことです。
 本校は、地域学習について、地域の協力をいただき、かなり力を入れて取り組んでいます。一方で、時数の関係からカリキュラム・マネジメントをどのように行わなければならないのか、教育的効果を上げるにはどうしたらよいのか、といった課題を抱えているのも事実です。支援する地域の「手」が不足していく問題もあります。「やまぐち地域連携教育の集い」でも、CSコーディネーターさんが「広げるばかりではなく、続ける仕組みにつなげることが大切」と話されました。
 こうした課題を乗り越え、子どもにとってよりよい学びにつながるよう、今回は熟議も行いました。
 
 最初に、会長さんのご挨拶から始まりました。
 次に、校長から最近の学校の取組を写真で説明をし、続けて11月2日の「やまぐち地域連携教育の集い」で発表したことを紹介しました。
 その次に、教務主任から教育課程の編成の状況、地域学習カリキュラムの説明をして、学校の取組の全容を捉えてもらいました。
 そして、熟議です。内容は、「広げ、充実させていくとよい取組」と「縮小、または廃止していくとよい取組」を挙げ、その取組をそれぞれどのように取り組んでいくかについてです。
 そこで、2つのグループに分かれて話し合いを始めました。
   
 いわゆる「スクラップ アンド ビルド(ここでは充実)」です。
「広げるのはええけど、やめるっちゅうのは難しいのう…」と、縮小する難しさを話されていたり……
「餅つきは地域のまつりでつくけえ、そのときに一緒にやったらええ、そしたら学校の時間は使わんでええけえ。」と、縮小の代案を考えられたり……
「やっぱり青のりは外せんじゃろう。終業式もみんなが喜ぶけえ広げた方がええ。」と、地域としての思いを話されたり……
みなさん、とても熱心に話し合ってくださいました。
 その結果は以下のとおりです。
                
 
 いただいた意見をもとに、学校で考えていきたいと思います。
16:26
2018/11/15

11月のわくわく教室・清掃ボランティア活動を行いました

| by 管理者

 11月13日(火)にわくわく教室と清掃ボランティア活動を行いました。
 この日は朝からあいにくの雨。本当は、運動場で竹馬をする予定だったのですが、残念ながらできません。
 そこで、急遽体育館でフラフープじゃんけんをすることにしました。これは、運動会で行って大盛況だった遊びです。
  
 ルールは、
①同じ人数になるように分かれます。
②それぞれの陣地にコーンを置いて、その中に同じ数ずつフラフープをかけます。
③自分のチームのコーンからフラフープをひとつ取って相手チームの一人と向かい合います。
④握手をして、じゃんけんをします。
⑤勝ったら相手からフラフープを受け取って、自分のチームのコーンにかけ、別の相手とじゃんけんをしにいきます。
⑥負けたら相手にフラフープをわたし、自分のチームのコーンから一つ取ってまたじゃんけんをしにいきます。
   
 
   
 見てください、この表情。
 子どもたちも、地域の皆さんも、この笑顔です。
「わたしゃ、また負けただい!あははは…」
「わたしもいね、つぎゃぁ勝たんとねぇ。」
「どねぇかね、〇〇くんは勝ったかね?」
「うん、2回勝ったよ!」
こんな会話があちらこちらで聞かれました。
 こうした“かかわり”は、地域も、子どもたちも元気にします。
   
 2回連続、赤色チームが勝ちました。緑色チームはなんと0個に!でもみんな笑顔です。
   

 この後は、恒例の清掃ボランティア活動。この日は一階の窓ふきを、内側からしていただきました。
 アドバイザーさんから、日本一窓のきれいな学校とほめてもらいました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
 12月は12日(水)に13時から百人一首をする予定です。

08:32 | 行事等の紹介
12345